TOP >  NEWS >  ブロックチェーン技術をベースとした「ふるさと納税型クラウドファンディング」のプラットフォーム構築に向けた提携合意のお知らせ

ブロックチェーン技術をベースとした「ふるさと納税型クラウドファンディング」のプラットフォーム構築に向けた提携合意のお知らせ

2018.03.28

ふるさと納税サイト「ふるまる」を運営するレッドホースコーポレーション株式会社 (本社:東京都江東区、代表取締役会長:川崎貴聖、以下「当社」)と、株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任、以下「株式会社オウケイウェイヴ」)は、自治体がふるさと納税スキームを活用して行うクラウドファンディング(以下、ふるさと納税型クラウドファンディング)の、より公正、透明、かつ効率的な寄付制度化に向けて、独自の暗号通貨を用いたふるさと納税型クラウドファンディングのプラットフォーム構築を目指して提携いたします。

 

ブロックチェーン技術をふるさと納税型クラウドファンディングと融合することにより、寄付者の動態(誰、いつ、何に、どれだけ、なぜ)が明らかとなり、それを踏まえたマーケティングを戦略的に行うことで、自治体への寄付額の飛躍的増加が期待できます。将来的には、自治体(受贈者)、寄付者のみならずプロジェクトを受注する事業者側へも普及も行い、寄付金の二次流通・三次流通(どこへ、いつ、どれだけ)が可視化される生態系の構築を目指します。

 

弊社が昨年度に包括協定を締結した佐賀県みやき町(所在地:佐賀県三養基郡みやき町、みやき町長 末安伸之、以下「みやき町」)を上記構想の実証実験にご協力いただく自治体として、ふるさと納税型クラウドファンディングとブロックチェーン技術の融合プラン、技術開発、運用方法、課題解決などについて共同研究を行います。

 

当社は、ふるさと納税型クラウドファンディングのポータルサイト

「ふるまるクラウドファンディング(https://www.furumaru.jp/gcf/ )」を、2018年4月1日よりサービス開始いたします。

 

当該ポータルサイト上では、寄付の目的、募集目標金額、使途計画等を明示して、数多くの自治体の寄付プロジェクトが掲載されます。初年度の計画として寄付額10億円、寄付者10万人、寄付プロジェクト130案件を予定しております。地方自治体様へのコンサルテーションを通じて、寄付者が共感を覚え、その使い道に説得力のある魅力的なプロジェクトを数多く組成し、世の中にご提供してまいります。ここにおいて、株式会社オウケイウェイヴ社が得意とするブロックチェーン技術と弊社のサービスを実証実験後に融合させることで、革新的な寄付プラットフォーム及び一連のサービスの創出を目指します。

 

以 上